サンドイッチ共和国

アクセスカウンタ

zoom RSS 大麻ドリンク発売中!

<<   作成日時 : 2010/04/05 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

エナジードリンクは相変わらず人気があります。
レッドブルがマーケットを開拓してから、大手を含んだ各社が競争してマーケットに新商品を投入しています。


写真をクリックすると大きくなります!
画像


最近見つけたこのエナジードリンクが話題と言うか物議を醸してておりますので紹介します。

写真のように、全面に大きな大麻の葉がデザインされて、インパクトは十分。

もちろんマリファナ成分入りの飲料がスーパーで売られているわけはないのですが、青少年への悪影響を考慮する世論がこのドリンクをマーケットから排除しようと圧力をかけ始めました。

僕が買ったスーパーIGA(アイジーエー)はColes や Woolworthと比べると若干マイナーなチェーンです。
流石に大手2社はこのドリンクを販売しておりません。

製造はニュージランドの会社で、今のところオーストラリアとニュージーでの発売のみのようです。

このエナジードリンクは大麻(ヘンプ)の成分は入っているわけではないのですが、ヨーロッパなどで発売されている類似商品には本物の大麻種子(産業用に品種改良して、マリファナ成分が皆無)から抽出した原液入が売りのようです。

スイス・ドイツ・英国などでの正式販売許可を厳しい検査と世論と戦い販売までこぎつけたようですが、商売としてはどのくらい売れているのかは不明です。

さて、オーストラリア版のヘンプエナジードリンクは珍しもの好きの消費者は一回は試すのでしょうが、定着するかどうかに興味を持っております。


写真をクリックすると大きくなります!
画像


こちらはマリファナよりも麻薬としてはワンランクアップ?のコカインブランドです。
もちろんコカインなどが入っているわけではないのですが、ヘンプドリンクと同じように世論の批判対象になっております。

コカインブランドはまだ試しておりませんが、そのうちチャンスが有れば…と考えているのですがね。

ところでコカイン入りの清涼飲料水で有名なコカコーラとはどう違うのでしょうね。
Wikiによると、コークの原液には脱コカイン処理されたコカの葉が成分の一部として含まれるとありますが?

もしかしてこのキワモノマーケティング飲料水に反対している世論のバックはコカコーラ社なのかな?


※ほとんどのエナジードリンク(元気が出る、日本で言えばオロナミンCのような商品、ただし量は多いので通常のソフトドリンク感覚で飲まれている)はカフェインたっぷりで、単に体を興奮させるだけのようです。
もちろん、各種ビタミン剤を配合したりしていますが、さて効き目の方は?




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

大麻ドリンク発売中! サンドイッチ共和国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる